忍者ブログ

よしなしごと帳

ネット上で気になったものを集めつぶやいていきます。

   
カテゴリー「鉄道」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さよならキハ181系。白煙と過給器音とともに・・・





国鉄気動車初の500馬力級エンジンの搭載車両として、特急形気動車の快適性や速達性を大きく改善した名車キハ181系車両のラストラン動画。
SLと見まごうほどの白煙をモクモクとあげ、過給器の甲高いサウンドがもう聞けなくなると思うと寂しくなりますね。
普通気動車でも、500馬力を超える車両が登場してきた現在では、しかたのないことなのかもしれませんね。
 









ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

PR

智頭急行線 スーパーはくと HOT7000系 前方展望





智頭急行線スーパーはくとHOT7000系の前方展望走行動画。
気動車が機動車に見えてしまうくらい軽快に走行しています。 









ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

最大級の軌陸両用10トン貨物車 松井軌道株式会社





いすゞギガを改造した松井軌道製軌陸両用10トン貨物車。
バックモニター装備で、狭軌標準軌のどちらでも対応している上、非常用エンジンの搭載などで万が一の場合にも最低限の脱出機能を備えるとのこと。










ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

ラッセル車も思わず後退、軌道に溜まった大雪





「只見線でDD14が活躍していた時代の特殊排雪列車。 魚沼田中〜越後須原間の
三渕沢という集落付近でのことです。
この時の特雪はたしか2週間ちかく、只見線は不通となり、
その間、まったく除雪も行われなかった後の出動でした。
特雪は2日間に分けて出動して、撮影した1日目、
まず、ウイングをほとんど開かず、線路上の積雪のみ除雪し開通させ、
2日目に側雪を切り崩すという大掛かりなものでした。
しかし、ウイングで掻き込んだ雪が多すぎて停止!!
大きく後退して再び前進!! その後も軽く
後退前進を繰り返し、雪の山を排雪していきました。」

動画元の解説にもあるように、ラッセル車でも手を焼くほどのかなりの積雪だったみたいですね。路線沿いの紅葉が美しいことで有名な只見線ですが、東北の厳しい冬もこの路線の持つ一つの顔なんですね。









ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

あわや脱線、東京メトロ車両の甲種輸送。





EF66に甲種輸送されていく東京メトロの車両を広島横川駅間で撮影されたものです。
途中強風に寄る影響か、左右に大きく列車が揺れ脱線するのでは?との場面も。
乗客の載っていない甲種輸送とはいえ、無事に行われてよかったです。







ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

東急電鉄5050系が駅構内で逸走!





東急電鉄5050系が長津田駅において、甲種輸送のためにDE10と連結作業を行なっていた際、そのまま逸走してしまっています。
逸走先には本線もあり、一歩間違えば大惨事になっていた可能性もあります。
何事も無くて本当に良かったです。



拍手[0回]

重大事故仮想再現VTR「入替作業信号見落とし・無断退行」編  股尾前科





ついに酉を首になった股尾は経歴偽証で束日本に入社、前述したが転職後の股尾は乗務歴10年、二期連続で安全表彰、運転士見習いの指導を経験するなど、職場における中堅運転士と言う輝かしいカリスマがあった。
この日は、E231系を担当していたが、途中駅で故障のため車両交換。そのため、40分遅れて終着駅に着いた。そして、折り返しのため一旦車庫に入る。
しかしその高すぎるプライドが祟って入換信号機を冒進、ポイント割り出しをやらかし、慌てて無断退行したところお得意の複線ドリフト状態になり、脱線。


拍手[0回]

重大事故仮想再現VTR「列車防護未実施」編  股尾前科





新富山駅を珍しく定刻に発車し運転していたが、立山中央駅入駅直前に踏切に入ってきたメスブタをグモッチュィーンしてしまう、その旨を指令に一報しようとするも、mixiをやっている指令は無反応で、仕方なくグモったメスブタを見に行ってしまう。そして、乗客の一人である板井洋が線路に降り、周りの乗客も板井について来てしまった。客が降りてきたことに気がついた股尾は、乗客に車内に戻るよう伝えたが、乗客の歩いてる線路からも列車が来てしまった。しかしギリギリで(残念ながら)対向列車は止まる。
2次災害こそ何とか防いだが…


拍手[0回]

重大事故仮想再現VTR「車両逸走」編  股尾前科





ワンマン運転区間においてその日も(「は」じゃないの?)順調に運転を終え、翌日も同じ車両で同じ駅から始発を運転することとなっていた股尾。終着駅に着いて車両点検を実施中に体調が悪化(う…お股お腹の調子が…早くトイレに行って遊ぼう休もう)。車両点検半ばにして休養をとるトイレにいって遊ぶことにした。手歯止めを差し忘れていたため、股尾が就寝した数時間後、強風によって車両が勝手に走り出した。
やがて踏切付近で停車。踏切の近くに住んでいた板井洋が駅長に踏切が鳴りっぱなしであることを報告。すぐに駅長は現場に急行したあと、業務用携帯電話で股尾を叩き起こし、現場に向かわせた。

拍手[0回]

重大事故仮想再現VTR 「ワンマン運転士ドア扱い不良」編  股尾前科





第241D列車 到着の際、ホームを確認せずにドアスイッチ「開」


拍手[0回]

コガネモチ

忍者AdMax

カテゴリー

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

忍者アド

ブログ内検索

関連記事

最新コメント

[12/30 Cialislix]
[12/30 Cialislix]
[12/28 Anthonynab]
[12/27 Rodneyunfiz]
[12/27 Rodneyunfiz]
[12/27 Rodneyunfiz]
[12/25 Larzydut]

カウンター

free counters
Copyright ©  -- よしなしごと帳 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]