忍者ブログ

よしなしごと帳

ネット上で気になったものを集めつぶやいていきます。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近良く話題になっている、とある隣国に関するコピペ




▼そもそも、日韓の「謝罪と賠償」にまつわる問題の原因とは、

  「韓国では日韓基本条約の内容が2005年まで国民に公開されていなかった」
  「そのため韓国人は『日本は謝罪も賠償もしていない』と『50年間思い続けてきた』」

ことにある。一部の人々は「日本が謝罪も賠償もしていないから韓国は反日なんだ!」と喚き、
「謝罪の種」をでっち上げようとまでするが、それは完全に誤解(確信犯?)

  「謝罪も賠償もしていないから反日」なのではなく、
  「謝罪も賠償もしているのにそれを全く知らされていないから反日」なのである

事実、2005年にノムヒョン大統領が韓国国民に対して条約の「公開」を行った際、
韓国国内はマスコミから国民まで完全に「発狂」状態になった

  「日本は韓国政府にちゃんと金を払っていたのか!」
  「しかしもらった金は当時の韓国政府が経済発展に使ってしまっていた!」
  「そのカネの中に個人補償分も含まれていた!」 「しかし日本企業にはまだ賠償責任がある!」
  「当時の政権は何を考えているんだ!」 「いやしかし経済発展にカネを使った事自体は正解では?」
  「条約で『最終的な解決』と明記されてしまっているぞ!!」

これは、先に挙げた「一部の人々」の言い分が正しかったなら絶対にありえない反応
現にこれ以降、従来は頻繁に利用された「謝罪」と「賠償」というフレーズ(※)は官民共に使用頻度が激減する
 ※ 2005年以前は「謝罪も賠償もしていない!」というフレーズが「それ単独」で連呼されていた
  なお現在は「従軍慰安婦問題」に舵を切り「謝罪も賠償もしていない!」と連呼再開
繰り返すが、韓国が現在までここまで反日なのは、

  「戦後保障問題は条約で『最終的に解決』と明記、韓国政府はしっかりとカネをもらっている。
   しかしカネは個人ではなく経済発展に使用され、その事を韓国国民は『約50年間』知らされていなかった」

のが原因。「謝罪と賠償で日韓友好!」などと見誤るとむしろ関係は悪化するだけである
「日韓友好のため日本が度量を示そう!などという安易な対応で従軍慰安婦問題がどうなったか」
が非常に分かりやすい例であり、「無用な謝罪はその後数十年に渡る禍根を残す」という教訓である




ブログランキング・にほんブログ村へ Top Page

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

コガネモチ

忍者AdMax

カテゴリー

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

忍者アド

ブログ内検索

関連記事

最新コメント

[12/30 Cialislix]
[12/30 Cialislix]
[12/28 Anthonynab]
[12/27 Rodneyunfiz]
[12/27 Rodneyunfiz]
[12/27 Rodneyunfiz]
[12/25 Larzydut]

カウンター

free counters
Copyright ©  -- よしなしごと帳 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]